CO|TE Spring/Summer 2018 Collection 原点回帰をキーワードに新たな境地を⾒せる

CO|TE(コート)2018 Spring/Summer Collection。原点回帰をキーワードに、新たな境地を⾒せた「コート」の2018年春夏コレクション。創業当初からのブランドアイデンティティーに⽴ち返り、アイコニックなデザインを様々な⾓度から探求してアップデートしています。“マニフェスト コレクション”と題されたコレクションは、クリエイティブのインスピレーションにおいても⼤胆な⽅向転換を⾒せ、⽩で統⼀したホワイトライン、カラーレスなトーンのシリーズなどの軽やかさをベースに、凛とした表情やマチュアなエッセンスを加えたワードロープを展開。フリルの装飾は影を潜め、代わりにパターンカッティング、素材や細部の構成など、クリエイティブの本質に迫る明確なビジョンが反映されています。デザイン性の⾼い彫刻的なガーメントは、フィット感が強く、すっきりとしたラインと細部の構成の妙により、軽くても⾝体をしっかりとカバー。クリスプポプリンやデニム、シャンブレーなど“硬め”の素材を使⽤することで⽣まれる陰影は、凛とした表情を⽣み、“新⽣「コート」”を強く印象付けています。「コート」のシグネチャーでもあるレイヤリングのエッセンスは、意表外のアイデアから⽣まれたアクセサリーとともに、表情豊かなコレクションのスタイリングにも⽣かされています。シグネチャーでもあるテーラリングの技術や素材のクオリティに焦点をあて、すっきりとしたラインを採り⼊れた今季のコレクションは、「コート」のクリエイティブなフィロソフィーが新たなステージへと踏み出したことを象徴しています。この新しいビジョンは、ブランドを前進させ、さらにマチュアでクリエイティブな次元へと導いてくれることでしょう。