LOKITHO Spring/Summer 2018 Collection "one’s identity" 西洋的服作りの中に日本の美意識が反映されたコレクション

精神的に成熟した女性のための洋服を提案しているLOKITHO(ロキト)。2018年春夏コレクションが発表された。”one’s identity”をテーマに、西洋的服作りの中に日本の美意識が反映されている。多様化した日本のファッションの根底にある民族性をイメージしたと言う。刺繍を重ねることでフリンジ状の柄が表現された総刺繍から、6色使いのベルト刺繍、水玉のモール糸が織り込まれたジャカード、琳派のモチーフが使用されたツバメと藤のプリント、貴重な織機で作られたリヨンレース、透け感のあるカットソーやニットまで、豊富なラインアップ。日本の美意識や技術が生かされた、ロキトの2018年春夏コレクションをお楽しみあれ。