BALLY Spring/Summer 2018 Collection 1970年代後半から1980年代はじめのニューヨークのストリートカルチャーがインスピレーションに

バリー(BALLY)の2018年春夏コレクション。今回のコレクションは、1970年代後半から1980年代はじめのニューヨークのストリートカルチャーにインスパイアされている。ヤングカルチャーの象徴であるグラフィティアーティストやミュージシャン、クリエイターたちがアンダーグラウンドでの活動を通して、自分たちのアイデンティティーを表現していた時代の世界観そのもの。社会や文化の変革への思いで溢れていた当時のストリートカルチャーが、バリーらしく展開されている。ウィメンズは、フローラル柄のジャガードシャツ、ボリュームのあるヌートリアファーのコートといった存在感のあるアイテムに、ソックス、ホワイトスニーカー、メンズでも、ダブルのコート、オーバーサイズのトレンチコートにコーデュロイパンツ、ソックスが合わせられ、全体的にスポーティーなルックに。かつてのラフなストリートカルチャーを思い起こさせる、バリーの2018年春夏コレクションをチェックして。