Chloé Spring/Summer 2018 Collection 過去の痕跡が新しい形で蘇る

これまでのコレクションのフォルム、イメージ、記憶を喚起させる、クロエ(Chloé)の2018年春夏コレクション。一つ一つのシルエットに、女性や一人一人の個性を引き出す可能性が秘められた、美の痕跡が幾重にもなったコラージュと化している。また、カラーパレットは、創業者であるギャビー・アギョンのエジプトに由来したカラーバリエーションが引き継がれた。嵐や遠くに見えるかすかな光の色を思わせる、ホワイト、レッド、テラコッタ、ピンク、ゴールド、 シルバーのグラデーションなどが揃えられている。純潔のヴィクトリアンドレスが姿を変えた優雅なブラウス、裏表が混在しているかのようなスタイルのミュージアムドレスといった、コレクションに登場するアイテムに織り込まれたのは、アーカイブから継承されたマテリアル。今回のコレクションを通して、ブランドの歴史の一部が新しい形で蘇らされている。クロエのスピリットで満ちた2018年春夏コレクションをチェックして。