LOEWE Spring/Summer 2018 Women's Collection アナグラムと卓越した多彩な職人技が単刀直入なアイテムがLOEWEであることの証

LOEWE-SS2018-1

ロエベ(LOEWE)は2018年春夏ウィメンズコレクションを発表した。スティーブン・マイゼル(Steven Meisel)が撮影した鮮やかなキャンペーンビジュアルや19世紀から20世紀の白黒写真がフィーチャーされた大型のタペストリーや、アーティスト モー・ジャップ(Mo Jupp)が手掛けたミニチュアの陶芸彫刻によって、還元主義的な世界観が実現。今回のコレクションでは、クラシックな装いが斬新に再構築され、フェミニニティの解釈が行われている。主人公となったのは、世界を飛び回るクラフトへの知識豊富な旅行者。彼女の実用主義的な面を、パステルのパネル、ギンガムプリント、ペーズリーが引き出している。そして、アナグラムと卓越した多彩な職人技が単刀直入なアイテムがロエベであることの証。アルチザンの特殊テクニックで施された装飾が新たな一面を生み出したアシンメトリーのカットアウトとフォルムを持つシルエットのほか、レイヤーリング、ドレープ、そしてレザーのダイヤパッチワーク、レース、刺繍などにも、その証が表れている。さらに今回、2つの新しいシェイプがロエベのアイコンバッグに仲間入り。独特なノットベルトとブラスヒンジが印象的な”Gate”は2サイズ、ライニングのないリバーシブルの”Tent”は、オロとキャメルのシグネチャーカラー2色で登場した。ロエベの2018年春夏ウィメンズコレクションをお見逃しなく。

LOEWE-SS2018-2 LOEWE-SS2018-3 LOEWE-SS2018-4 LOEWE-SS2018-5 LOEWE-SS2018-6 LOEWE-SS2018-7 LOEWE-SS2018-8 LOEWE-SS2018-9 LOEWE-SS2018-10 LOEWE-SS2018-11 LOEWE-SS2018-12 LOEWE-SS2018-13 LOEWE-SS2018-14 LOEWE-SS2018-15