Pray for 熊本 少しでもはやく熊本の方が元気になれますように。自分に出来る事を。 #PrayforKumamoto

Pray for Kumamoto

熊本での震災があって、毎日報道される映像を見て、中々ここに書き出せませんでした。

余震が続く恐怖を、私も二十歳の時に阪神大震災で経験したからかもしれません。

 

今は何よりも早く、熊本の人達が元気に、そして生活ができるようになる事を祈ります。

そして子供たちにこの恐怖の記憶が残らないよう、少しでも私達が出来る事を一緒に考えていきたいと思います。

 

何か自分に出来る事をと思って皆さん募金をされたり、物資を送ったりとされている事と思います。

Yahoo!での基金では100円の寄付が200円分の支援になったり、JAPANGIVINGのようなファンドレイジングサイト等でも沢山の寄付を集めるプロジェクトが立上がっています。自分の考えにあうやり方で、被災地の方々を応援することが一番だと思います。

刻々と変わってくる現状は熊本市のホームページなどでもしっかり把握をして、被災地に今、なにが必要なのか考える事も大事なのかもしれません。

 

東日本大震災のとき、仲間とフリーマーケットイベントをして資金を集めて、物資を買って現地へ向かいました。

まだ一ヶ月ほどしかたっていなかったため、現地での現状に唖然とさせられた事、日々必要な物は変わっていく事、そして継続して行く事が大事なのだと痛感しました。

その中で、小学校などにはすでに食料も余るほどあり、家に住めるけれど買い物にいける場所が無い方々への食料が足りていなかった事、ただ物を持っていくだけではダメな事を被災地の方々から聞かせて頂きました。

「最初は物資が不足していて、届けてくれるのが嬉しかったけど、その後は自分たちでがんばっていかなきゃいけない。だから忘れずにいて応援してくれること、そして今後は仕事やアミューズメントなどを持ってきて欲しい。被災した後、働いていけるように、子供たちが元気になるように支援してくれる事が嬉しい。」そう話してくれたおじさんの言葉を思い出しました。

 

今、熊本の方たちには何よりも物資が届く事で早く元気になって欲しい。

少しでも気持ちが前向きに。心が元気になりますように。

私達は、ここから自分たちに出来る事を考えて行動をし続けることがとても大事な事だと思っています。

 

私も自分に出来る事、少しかも知れませんが行動し続けたいと思います。

 

 

RETOY’S 北村恵奈