素材感のコントラストが際立つエフォートレスな「tiit tokyo」2016-17 A/W Collection

tiit tokyo_2016-17_fw_01

公式スケジュール内ではありませんでしたが、2016-17 A/Wシーズン、RETOY’S東京コレクション取材は「tiit tokyo(ティート トーキョー)」からスタートです。

tiit tokyo_2016-17_fw_02

今シーズンのコレクションでは、24時間同じ時間が流れるインターネットなどにはない、現実世界のオンとオフの間に流れる時間にフィーチャー。時に優雅だったり、時にせわしなかったりする時間の流れや、その時、その時に感じるネガティブだったり、ポジティブだったりする感情の動きがコレクションに落とし込まれています。

tiit tokyo_2016-17_fw_03tiit tokyo_2016-17_fw_04

素材のクラス感をさらに上げてきた今シーズン。ほとんど日本生産にこだわるブランドが今回初めて、海外生産をしたのが、こちらの水色のムートンコート。ベルベット加工が施されたアイテムは、つるっとした質感が特徴的。

tiit tokyo_2016-17_fw_05

スウェットなどのカットソー類も多数登場し、エフォートレスな雰囲気を漂わせます。

tiit tokyo_2016-17_fw_08tiit tokyo_2016-17_fw_09tiit tokyo_2016-17_fw_010tiit tokyo_2016-17_fw_011

スタイリングで自由さとファッションの幅を表現。ムートンや、スウェードなどに、あえてオーガンジーなどの軽い素材を合わせることで、コントラストを強調。洋服をデザインするだけでなく、トータルで見せることにこだわり、こういったスタイリングで見せたのだとか。

tiit tokyo_2016-17_fw_012

今シーズンは、肩を抜いた着こなしも印象的。

tiit tokyo_2016-17_fw_013

チェックや、ボーダー、千鳥など、様々なテキスタイルも溢れています。

tiit tokyo_2016-17_fw_014tiit tokyo_2016-17_fw_016tiit tokyo_2016-17_fw_017tiit tokyo_2016-17_fw_019tiit tokyo_2016-17_fw_020

素材や、ヘアメイク、スタイリングのコントラストで魅せたリアルでエフォートレスなコレクションでした。

■tiit tokyo

http://www.tiit-tokyo.com/