今のパートナーとの思い出からインスパイアされたCHRISTIAN DADA 2016 S/S Collection

CHRISTIAN DADA_2016SS_01

CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)の2016 S/S Collectionテーマは”BALLAD(バラード)”。前シーズンでは、昔の恋人との思い出がインスピレーション源となっていましたが、今シーズンは「今」を大事にするということで、現在のパートナーと行かれた鎌倉や中華街など、神奈川での思い出がコレクションに落とし込まれています。

CHRISTIAN DADA_2016SS_02CHRISTIAN DADA_2016SS_03

彼女のワードローブもインスピレーションソース。薔薇モチーフのバッグはコレクションの中でも話題に。

CHRISTIAN DADA_2016SS_04CHRISTIAN DADA_2016SS_05

ファーストルックのTシャツや、首に巻かれた布にかかれた言葉「No Love Lost」は、イギリスのロックバンドJoy Division(ジョイ・ディヴィジョン)の曲から引用。昔は”愛し合っている”という意味合いだったが、現在は”憎しみ合っている”という意味に変わっているところにデザイナーの森川マサノリ氏は面白みを感じ、恋愛は普遍であるという意味合いも込められているのだとか。

CHRISTIAN DADA_2016SS_06CHRISTIAN DADA_2016SS_07CHRISTIAN DADA_2016SS_08

立体刺繍の薔薇は、デザイナー自身が送る花束を表現。

CHRISTIAN DADA_2016SS_09CHRISTIAN DADA_2016SS_010CHRISTIAN DADA_2016SS_011

レースやシフォンなど、透け感のある素材が多数登場します。

CHRISTIAN DADA_2016SS_012CHRISTIAN DADA_2016SS_014

カットオフは、2016年春夏シーズンも引き続き取り入れたいディティール。

CHRISTIAN DADA_2016SS_015

チャイナドレスのようなアイテムもお目見え。

CHRISTIAN DADA_2016SS_016CHRISTIAN DADA_2016SS_017CHRISTIAN DADA_2016SS_019

青や赤に変化した背景の映像では、彼女と過ごした1日のデートを表現するため、朝、そして夕焼け、ラストには星空が広がる、という1日の流れが落とし込まれています。

CHRISTIAN DADA_2016SS_020

カラーパレットには、ブラックをベースカラーに、鮮やかな水色や、紫、ブルーなどが登場。

CHRISTIAN DADA_2016SS_021

薔薇や、ギターなど、今シーズンはバッグも印象的。

CHRISTIAN DADA_2016SS_022

西陣織のアイテムは、葛飾北斎の作品”紫陽花に燕”からインスパイアされています。

CHRISTIAN DADA_2016SS_023CHRISTIAN DADA_2016SS_024CHRISTIAN DADA_2016SS_025

2015AWから再スタートしたウィメンズコレクションでは、よりパーソナルな部分や、自身のリアルな感情を大事に作っているという森川氏。刺繍の繊細さと大胆なフォルム・スタイリングから、感情的な恋愛を彷彿とさせるコレクションでした。

PHOTO_Ena Kitamura

■CHRISTIAN DADA

http://www.christiandada.jp/