Hanae Mori manuscrit 2016 S/S Collection デジタルとファッションの融合で魅せる真のエレガント

Hanae Mori manuscrit_2016SS_01

Hanae Mori manuscrit(ハナエモリ マニュスクリ)の2016年春夏シーズンは、五大湖がテーマ。水のゆらめきや、湖面に映る自然をシルエットやプリントで表現されています。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_02

透け感のあるアイテムは、ぬめりのあるオーガンジーを使用し、水の中のゆらめきを表現。歩いたときの膨らみが大きく、動きもとてもなめらか。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_03Hanae Mori manuscrit_2016SS_04Hanae Mori manuscrit_2016SS_05

“リアルな自然”と”湖面に映る自然”の対比がリバーシブル生地で再現され、現実と非現実の狭間が表現されています。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_07Hanae Mori manuscrit_2016SS_08Hanae Mori manuscrit_2016SS_09Hanae Mori manuscrit_2016SS_010

ブランドを象徴とする蝶のデザインがあしらわれたヘッドフォンがスタイリングされたりと、デジタル的な要素も取り入れられた今シーズン。バッグもデジタルガジェットがすっきり収まるデザインが登場。

Hanae Mori_exihbition

こちらがそのバッグ。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_011

Panasonicとのコラボレーションヘッドフォンは、前、後ろ、右、左、右斜め前、左斜め前、右斜め後ろ、左斜め後ろ、頭上、低音の11.1chからなる臨場感のあるサウンドと合わせてコレクションを楽しめるようにフロントローにも設置されていました。会場の雰囲気とヘッドフォンの要素から、鍾乳洞や洞窟の中で低音の響きが感じられるような空間作りをされたのだとか。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_012Hanae Mori manuscrit_2016SS_013

特許も取得しているスワロフスキーオリジナルのカッティングをそのままジャガードに落とし込んだアイテム。その上に実際のスワロフスキーが施されています。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_014Hanae Mori manuscrit_2016SS_015Hanae Mori manuscrit_2016SS_016

スイムウェアのようなアイテムの上に、アウターを羽織るスタイリングも多数登場。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_017Hanae Mori manuscrit_2016SS_018Hanae Mori manuscrit_2016SS_019

透け感や動きのあるスタイルにも注目。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_020Hanae Mori manuscrit_2016SS_021

小紋や家紋を保存するために使われている3Dスキャナー技術を用いた、立体的で奥行きのあるこのプリントは、ファッションで応用されるのは初めてなのだとか。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_022

シフォンの素材はその質感を損なわないように転写ではなく、インクジェットを流して製作されています。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_023Hanae Mori manuscrit_2016SS_025

重厚感のあるハナエモリという名前の下でやっていく上で、どこか”はずし”の部分を加えたいと常に考えているというデザイナーの天津さん。現代の技術でデジタルの部分を取り入れ、エレガントを今のデジタルでどう表現していくかを今後も考えていきたいと語られていました。

Hanae Mori manuscrit_2016SS_026

デジタルとファッションを融合させ、エレガントの中のエレガントを現代的に表現されたコレクション。

_MG_3306

コレクションには、デザイナーの森英恵さん、内閣総理大臣安倍晋三夫人の安倍昭恵さんも来場されていました。

PHOTO_Ena Kitamura

■Hanae Mori manuscrit

http://hanaemori-manuscrit.com/