抽象的なDRESSEDUNDRESSED 2016S/Sシーズンは時間経過と記憶がキーワードに

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_01

「ABSTRACTS(=抽象的な)」をテーマに”時間経過”と”記憶”をキーワードに展開された、DRESSEDUNDRESSED 2016春夏 コレクション。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_02DRESSEDUNDRESSED_2016SS_04

モデルが登場した瞬間に、あれ?どうなってるの?と感じたこちらのスタイリング。実はロングTシャツが腰に巻かれているのだとか。Tシャツにデザインとして使用されたベルトでこういうスタイリングが出来るようになっています。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_05

今シーズンは、白、黒に加え、柔らかいベージュやグレーカラーも登場。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_06DRESSEDUNDRESSED_2016SS_07DRESSEDUNDRESSED_2016SS_08

インナーはブラトップだけという大胆なスタイリングも!こちらのブラトップは、デザイナーの北澤武志さん自らパターンをひかれたのだとか。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_09

ワイドパンツはひきずるくらいのレングスで打ち出されています。裾のカットオフは時間軸を表現。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_011DRESSEDUNDRESSED_2016SS_012

掠れたようなチェックのテキスタイルには、薄れていく記憶が表現されています。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_014

展示会にもお邪魔させて頂いたのですが、ピンストライプだと思っていたこちらのテキスタイルは、実はレジメンタルストライプがミックスされたものでした!このスタイリングも今シーズンを象徴しています。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_015DRESSEDUNDRESSED_2016SS_016

透け感のコントラストが特徴の素材は、記憶の曖昧さを表現。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_017DRESSEDUNDRESSED_2016SS_018DRESSEDUNDRESSED_2016SS_019

スタイリッシュかつモードなリュックはユニセックスに欲しいアイテム。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_020DRESSEDUNDRESSED_2016SS_021

確かなテーラリングに加え、今シーズンは注目のスタイリングや、ファブリック、テキスタイルなど、ブランドの幅がより広がり、遊び心も感じられるコレクションでした。

DRESSEDUNDRESSED_2016SS_022

PHOTO_Ena Kitamura

■DRESSEDUNDRESSED

http://dressedundressed.com/