KEITA MARUYAMA 2016年春夏「あさきゆめみし」伝統工芸を使用したロマンティックなコレクション

KEITA MARUYAMA_2016SS_01

「あさきゆめみし」をタイトルに発表したKEITA MARUYAMA(ケイタマルヤマ)の2016 S/S Collection。トレンドとかではなく、日本のものづくりの良さを大切に作られたコレクションでは、源氏物語の文章やことば、日本の四季折々の色、光などをインスピレーションにし、叙情的に表現されています。

こちらは京都の西陣織が使用されたコート。今回もオリジナルのテキスタイルや、刺繍など、メイドインジャパンに拘ったアイテムが多数展開されています。

KEITA MARUYAMA_2016SS_02

KEITA MARUYAMAらしいロマンティックなテキスタイルと、Vibramソールのカジュアルさが融合したサンダル。

KEITA MARUYAMA_2016SS_03

前半はペールトーンカラーのアイテムが多数登場しています。簪などによく使われる「つまみ細工」をアレンジしたスカート。つまみ細工とは、江戸時代から伝わる薄絹の「羽二重」を正方形に小さく切り、摘んで折りたたみ組み合わせて花や鳥の文様をつくる伝統工芸のこと。独特の立体感が◎

KEITA MARUYAMA_2016SS_04

繊細な刺繍のカーディガンは、段染めで作られたグラデーションにもうっとり。

KEITA MARUYAMA_2016SS_05

ここからブルーカラーが続きます。

KEITA MARUYAMA_2016SS_06KEITA MARUYAMA_2016SS_07KEITA MARUYAMA_2016SS_08KEITA MARUYAMA_2016SS_09

フリンジのディテールは、継続の予感。

KEITA MARUYAMA_2016SS_010KEITA MARUYAMA_2016SS_011KEITA MARUYAMA_2016SS_012

ゴブラン織で製作されたコートは、まるで絵画のよう。

KEITA MARUYAMA_2016SS_013KEITA MARUYAMA_2016SS_015KEITA MARUYAMA_2016SS_016

終盤はバカンスを彷彿とさせるアイテムが登場。程よいリラックス感が表現されています。

KEITA MARUYAMA_2016SS_017KEITA MARUYAMA_2016SS_018

バッグも象徴的!

KEITA MARUYAMA_2016SS_019KEITA MARUYAMA_2016SS_020

心奪われたのは、こちらのコンパクトサイズのスカジャン。ロングワンピースとのスタイリングも私的に絶妙です。

KEITA MARUYAMA_2016SS_021

バックスタイルの刺繍も素敵です。こちらは機械刺繍のもので、目が詰まって平面的に仕上がり、一方、手刺繍のものは、ふっくらとした仕上がりが特徴なのだとか。

KEITA MARUYAMA_2016SS_022KEITA MARUYAMA_2016SS_023KEITA MARUYAMA_2016SS_024

こちらの手前の白いワンピースが、手刺繍のもの。

洋服を身につけたときに、ドラマだったりとか、景色とかが感じられるような服を作りたいと考えるデザイナーの丸山敬太さん。
日本の伝統工芸と、ブランドらしいロマンティックさが融合され、見た人の体温を一度上げてくれるようなコレクションでした。

PHOTO_Ena Kitamura

■KEITA MARUYAMA

http://www.keitamaruyama.com/