東京コレクション2016 S/Sシーズンレポート!「FACETASM」は曖昧な自己探求がテーマ

FACETASM_2016SS_001

FACETASM(ファセッタズム)の2016 S/Sシーズンは「Ambiguous daze in my ambiguous days(曖昧な自己探求)」がテーマ。自分自身がわからない日々の中で、自分のことをわかってほしいと、人に対して求めたり、時には拒絶をしたりする。まるで、どこまでも続く大きな自然の中で、たった1つの場面を切り取ったようなおかしさに目が向けられ、そこから生まれる違和感と矛盾が表現されています。

FACETASM_2016SS_002FACETASM_2016SS_003

まるで、某アニメを彷彿とさせるようなテーマ。無数のリボンで繋がれたデザインは、つながりたいけど、ある程度離れていたいという矛盾の現れなのかも。

FACETASM_2016SS_004FACETASM_2016SS_005FACETASM_2016SS_006

全体を通して展開されたスポーツテイストがミックスされたスタイル。ラインソックスは、バッグロゴのアクセントが効いていますね。

FACETASM_2016SS_007FACETASM_2016SS_008

チャイナシャツのテイストを取り込んだアイテムも登場!今の時代感や、社会情勢が取り込まれているように感じます。

FACETASM_2016SS_009FACETASM_2016SS_0010

反射板風のデザインが施されたベストが新鮮。

FACETASM_2016SS_0011

靴までリボンでつなぎ合わせたようなデザインが!

FACETASM_2016SS_0012

心臓近くまでの長さがあるネックレスは、赤と青、緑の3色が登場し、ビッグサークルデザインが目を引きます。

FACETASM_2016SS_0013

デザイン性で表現される違和感と矛盾。アシンメトリーなデザインのスカートには、よく見ると裾にロゴラインが!

FACETASM_2016SS_0014FACETASM_2016SS_0015FACETASM_2016SS_0016

アフガン巻きのようにスタイリングされたバンダナにも反射板風のデザインが。

FACETASM_2016SS_0017

バイカラーデザインや、フリルを重ねるデザインも多数登場!
カラーパレットには、白、黒、グレー、サックスをベースに、鮮やかなブルーや、エメラルドグリーン、赤、オレンジなどが差し色に登場していました。

FACETASM_2016SS_0018FACETASM_2016SS_0019

終盤には、前はブロックチェック、後ろはストライプで切り替えられたファブリックのアイテムを展開。ビックシルエットが今の気分♪

FACETASM_2016SS_0020

リボンやバイカラー、切り替えのデザインで、矛盾や曖昧さ、違和感が表現されたコレクションでした。

FACETASM_2016SS_0021

PHOTO_Ena Kitamura

■FACETASM

http://www.facetasm.jp/