#東京コレクション 「Children of the discordance + FACE.A-J」「FORSOMEONE」「FUMITO GANRYU」「MIKAGE SHIN」「ATSUSHI NAKASHIMA」まとめレポート♪

デジタル配信も増えた東京コレクション、すでにMISTERGENTLEMANのレポートは公開していますが、今日はお伺いさせていただいたブランドさんのランウェイショーを少しずつですがお届けします♪

まずは「Children of the discordance + FACE.A-J」今季は自分にしか作れない服とは何なのかを時間をかけてゆっくり自分と洋服に深く向き合ったと言うChildren of the discordance(チルドレン オブ ザ ディスコーダンス)。毎シーズン、メンズだけど楽しみなブランド!vintageシックなカラーミックスとFACE.A-Jさんから提供されたアフリカンファブリックとのコラボが絶妙で、どこか温かさとパワーも感じさせてくれるコレクションでした。

Children of the discordance + FACE.A-J 2021秋冬コレクション→写真続きはインスタで!

 

遊びのあるスタイルがいつもツボな「FORSOMEONE(フォーサムワン)」大胆なグラフィックもシックに、素材感のあるコートやざっくりニット、カジュアルなスウェットルックなど、今リアルな遊び感はユニセックスに女子も着たくなるスタイル。ランウェイでもメンズ&レディース両方のモデルさんが登場していましたよ。

FORSOMEONE 2021秋冬コレクション→写真続きはインスタで!

 

国立新美術館でYoshikazu Yamagata氏(writtenafterwards)のアートが並ぶ空間でランウェイショーを開催した「FUMITO GANRYU(フミトガンリュウ)」は必然的多様性をテーマに発表。モードとストリートは多様化する世界で背反する指標なのか?モードとストリートを行き来するその絶妙なバランス感が今シーズンのキモ!個人的にはこのミックス感とボリューミーなスタイルが絶妙だったな♡

FUMITO GANRYU 2021秋冬コレクション→写真続きはインスタで!

 

コロナ禍、こんな状況も未来からみるとひとつのプロセスに過ぎない。”The Process”をテーマに発表した「MIKAGE SHIN(ミカゲ シン)」。世界の変化やプロセスに纏わる様々なアートや文学をヒントに、新しいものが生まれる予感を表現したコレクション。哲学者ニーチェの手記をオリジナルコラージュしたテキスタイルは特に印象的にコレクションに登場します。

MIKAGE SHIN 2021秋冬コレクション→写真続きはインスタで!

 

独自のスタイルがより色濃く、さらにストリートなスタイルもミックスされた「ATSUSHI NAKASHIMA(アツシ ナカシマ)」和の要素もふんだんに盛り込まれたコレクションは、カラーバランスも絶妙なブランドらしさを感じさせてくれる。日本画家だった曽祖父”楚水”の絵画に眠る多彩な色を、洋服というキャンパスに蘇らせた。

ATSUSHI NAKASHIMA 2021秋冬コレクション→写真続きはインスタで!

 

 

 

個人的には、コロナ禍など関係なく最近の東京コレクションのあり方について疑問は覚えていますが、
その中でも毎シーズンファッションのパワーをくれるブランドさん、デザイナーさんにはチカラをいただいています!!

こんな時だからこそ、ファッションにも出来ることがきっとあると信じて♡

LOVE Fashion!!! Ena