第72回カンヌ国際映画祭スーパーモデル ロミー・ストリドやイザベル・グラールらETROルックなセレブリティレッドカーペットスタイル

第72回カンヌ国際映画祭に登場したセレブリティのETRO(エトロ)ルックをチェック!まずはスーパーモデル、ROMEE STRIJD(ロミー・ストリド)の2スタイル。アイコニックなホワイトとゴールドのペイズリーをモチーフが施されたエトロのカスタムメイド・レースドレス(写真上)と、2019春夏コレクションのオレンジスーツとブラックカーフレザーのニューアイコンのペガソバッグ(写真下)なスタイル。

ROMEE STRIJD

スーパーモデル、IZABEL GOULART(イザベル・グラール)は、バーガンディカラーのスパンコールが装飾されたエトロのカスタムメイドドレス(写真上)と、エトロ2019春夏コレクションよりフラワープリントスーツ(写真下)を着用。

映画ロケットマンのレッドカーペットに登場したスーパーモデルのISABELI FONTANA(イザベリ・フォンタナ)は、エトロのブルーベルベットのトップスに、フラワーを描いたイエローのジャカードマキシスカート。

同じく映画ロケットマンのレッドカーペットに登場したインフルエンサーのCAROLINE DAUR(キャロライン・ダウア)は、エトロ19秋冬コレクションより、ベルベットのビスチェにマイクロジオメトリック模様のジャカードのマキシスカートをセレクト。

女優LIU TAO(リウ・タオ)は、ゴールドの刺繍が施されたアシンメトリーなマントが特徴の、カスタムメイドされたエトロのホワイトシルクガウンスタイル。

映画A Hidden Lifeのレッドカーペットに登場したスーパーモデルELSA HOSK(エルザ・ホスク)は、ロングトレーンのレインボー風シャーベットシェード、エトロのカスタムメイド・シフォンドレス。

モデルのMARICA PELLEGRINELLI(マリカ・ペレクリネリ)はエトロのカスタムメイド。バーガンディプリーツシフォンドレススタイルで映画Les Plus Belles Années D’Une Vieのレッドカーペットに登場。

同じく映画Les Plus Belles Années D’Une Vieのレッドカーペットに登場したブラジル人女優MARINA RUY BARBOSA(マリーナ・ルイ・バルボーサ)は、エトロのビスチェとマキシスカートのブラックドレス。

モデルのMELISSA SATTA(メリッサ・サッタ)は、エトロのカスタムメイドのホワイトペイズリーモチーフをあしらったシルクシフォンプリーツドレスで映画レ・ミゼラブルのレッドカーペットに。

同じく映画レ・ミゼラブルのレッドカーペットに登場したのはモデル、TVホストのNIEVES ALVAREZ(ニエベス・アルバレス)。エトロのカスタムメイド、アイボリーのジャンプスーツにブラックトレーンで登場。

映画Dolor y gloriaレッドカーペットでは、モデルのSTEFANIE GIESINGER(ステファニー・ギージンガー)がエトロのカスタムメイド、ペイズリーのマイクロプリントを使用したグリーンのシフォンミニドレスで。

同じく映画Dolor y gloriaのレッドカーペットでは、インフルエンサーNEGIN MIRSALEHI(ネーガン・ミルシャレイ)がエトロのカスタムメイド、レース刺繍が施されたブルーのドレススタイルで登場。

女優のMIRIAM LEONE(マリアム・レオーネ)は、エトロ2019春夏コレクションのペイズリープリントが施された着物スリーブのトップスとパンツというスタイルで来場した。

 

■ETRO

www.etro.com