【東京コレクションレポート】AMBUSH® 2018秋冬、デザイナーのYOONが故郷シアトルで過ごしたティーン時代のスタイルをAMBUSH®らしく進化

AMBUSH®(アンブッシュ®)の2018秋冬は「‘NOBO’ 雨道を辿り、アメリカ北西部のティーン時代の記憶を遡る。」デザイナーのYOONが故郷シアトルで過ごしたティーン時代のスタイルをAMBUSH®らしく進化させます。

デニムやネルシャツ、ダウンなど、馴染み深いアイテムもAMBUSH®らしいスタイルへと昇華。少し懐かしさを感じさせる、ガラスビーズをあしらったチョーカーやブレスレットがスタイルのキモに。

スポーティーなルックにもどこか懐かしさを感じさせる素材に、今らしいスタイル。

パッチワークやカントリーの要素はデザインのポイントとして登場。

ボアスタイルのカラーもどこか懐かしく♡そこに合わせのガラスビーズや、ボリューミーなアクセサリーがまたGOOD。

草原のような空間では、ショーの始まる前にニューヨークのシェフ集団Ghetto Gastroによるお弁当BOXも振舞われました♪

今シーズン特に目を惹いたのはつば広のCAPでは?重ねるようなグランジスタイルにストリート感をプラス。まさに今の気分!実はこのネイビーCAPをオーダ済みなわたしです(笑)

東京コレクションという舞台で、ユニセックスにまさにAMBUSH®らしいスタイルと、空間演出で魅せてくれたショーとなりました。

→フルルックはこちらで!

 

■AMBUSH®

www.ambushdesign.com